スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年11月16日

BO Manufacture / MTOシステムに関して

フランスBO MANUFACTURE社からMTOシステムに関する正式発表がありましたので、
直訳を掲載致します。

____________

正式発表 
BO MANUFACTURE/MTO

MTOシステム及びMTOシステムを搭載したエアガンに関して、
皆様が多くの期待や疑問をお持ちであることを理解し、この度以下の発表を致します。

BO MANUFACTURE社は長い時間にわたってMTOシステムの開発を進めていたパートナーである
「Magneto Research社」との関係を終えることを決定いたしました。
結果Magneto Research社はエアガン用システムの開発を終了することとなりました。

BO Manufactureスタッフ一同は皆さまのご期待に応えられず大変申し訳なく思っております。
今後はベーシックなエアガン製品の販売に集中し、
ゲーマーやフィールドと共に、質のいいエアガン、オリジナルなモデル、充実したサービスを提供できるよう努めて参ります。

宜しくお願い致します。
____________

  


Posted by sometac_staff  at 10:29Comments(0)BO/MTO

2017年10月12日

「STF12 エアコッキングモデル 付属品」に関して

BO MANUFACTURE
STF12 エアコッキングモデルに
付属してるBB弾は試験用の軽量BB弾のため、
実際に使用する際は市販の0.2g以上のBB弾をご使用ください。

商品同封の説明書きに
上記の内容が漏れていたため
こちらで案内させて頂きます。

Something Tactical  


Posted by sometac_staff  at 21:17Comments(0)BO/MTO

2017年06月21日

Fabarm STF12 期間限定で試射できます!

6/23(金)から7/2(土)まで
大阪難波のリベレーターさんにて
BO MANUFACTURE 
FABARM STF 12 (エアコッキングモデル)

のサンプルを展示致します。


モデルは
春のショットショージャパンでも展示していた、

11インチ コンパクト ブラック


11インチ ショート ブラック


の2点になります。

もちろん試射可能なので、
METに向けてばしばし試射できるチャンスですよ!


この2点はあくまでサンプルなので、
実際に発売になる製品では
細かな仕様変更が行われる可能性がありますが、
STF12の雰囲気をつかむには十分かと思います。

リベレーターさんでは先行予約もしています!
発売は夏~秋ごろと少し先になりますが、
一足先に見たい方はぜひ足を運んでみてくださいー。





店舗情報
==============
エアガンショップ リベレーター
http://liberator.jp
営業時間 平日12:00-20:00 
土日祝12:00-20:30
・定休日 火曜日
・住所 〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前8−12
          ショッププランナー国際ビル7F
・電話番号 06-6643-9156
==============
  


Posted by sometac_staff  at 18:00Comments(0)BO/MTO

2017年03月04日

Magneto Rifle - LEAK VIDEO

久しぶりにMagneto (MTO)ライフルの映像を紹介させていただきます。


Magneto Shooting Test [LEAK] from SOMETAC on Vimeo.



完全リーク映像ですが、おそらく去年の夏・秋あたりの映像だと思われます。

興味深いのは発射音ですね!またトリガーユニットがプロトタイプ段階で外部に付いています。

今頃はどんな状態なんでしょうか?

昨日からヨーロッパのショットショーであるIWAが始まります!BO ManufactureおよびMagneto Researchのブースはないようですが、IWAを機に何か発表されることを期待したいですね!



  


Posted by sometac_staff  at 15:32Comments(7)BO/MTO

2017年02月11日

BO Manufactureタクティカルグローブ レポート【サイズ編】

こんにちは!今日も寒いですね!

今月は『BO Manufactureタクティカルグローブシリーズ』の詳細レポートをいくつか上げていこうと思っています。
まず本日はサイズ・寸法に関してレポートしていきます!

サバゲー、バイク用などにオールシーズン使え、
今の時期は普使いにも活躍するBO Manufactureタクティカルグローブ。

取扱い店が近隣になく、ネット通販でしか買えないという方は
購入の際ぜひ参考にしてみてくだい。






さて、まずは詳細サイズです。

↓こちらを元にサイズを測っていきます。


















メカニクスグローブはやや個体差もありますので、あくまで平均値としてご参考ください。
甲幅は平置きサイズになるので、例えば
MTO TOUCH
MEDIUM 甲幅10.3cm
LARGE 甲幅11cm
の場合誤差0.7cmとりますが、甲回りの実寸にするとその倍1.4cm差ということになります。




次いで参考として私の適正サイズを載せておきます。
こちらを基準として


周囲: 21cm
中指: 8.5cm

・MTO TOUCH →M
不足も余りもなく、甲も指もまさにジャスト。

・MTO OPERATOR →S or M
指に関してはSでジャスト、ただ拳まわりがややきつく握りこむと窮屈に感じる。
Mだと指先は数ミリだけあまり、全体的にやや余裕のあるサイズ感。

・MTO FIGHTER →M
ジャストサイズ。プロテクターも伸縮性があるので手を握りこんでもきつい感じはない。

・・・という感じのサイズになりました。
手にピタッとフィットする感じは着けていても、ガンを握っていても非常に心地いいですね!
尚、私物を全て一度水洗いしましたが特に洗いによる縮みはありませんでした。


ちなみにグローブ3タイプの中で言うとOPERATORが他の2つよりもややゆったりめです。
サイズスペックだけみるとプロテクターの関係でFIGHTERの方が実寸は大きいのですが、
実際装着すると同じMでもOPERATORは全体的に余裕を感じます。


現在3タイプとも1か月以上使用していますが、TOUCHとFIGHTERはとくに伸びた感じもなく、購入時のしなやかなフィット感を保っています
OPERATOR のプロテクター部分は購入時固めだったのですが、結構馴染んで柔らかくなっている気がします。

ちなみに私は、TOUCHとFIGHTERは迷いなくMを購入し、 OPERATORをSかMでものすごく悩んだ末、Mを購入しています。
Sはぴったりとフィットするんですが、拳のところがきつく、数分つけていると痛くなってくる感じでした。
Mで問題なく使えることは使えるのですが、拳のプロテクター部分がなじんでくるならSがベストだな、、、という感じです。


うーむ、、、これは実験するしかないな、、、
私が人柱になるしかないな、、、
ということで、この場でOPERATOR Sサイズ追加購入決定!
「これはお客様のためだ!!」という大義名分の元ゆるむ我が財布の紐 (笑)。
毎日使用して経過を報告したいと思います!

さて今後は
・フィット感(3タイプそれぞれ微妙に違います)
・素材
・デティール
などなど、いくつかのカテゴリーに焦点を絞ってレポートしていく予定です!!


ちなみに今月号のピースコンバット(#017)にDRESS&GUN様のはからいでBO Manufactureグローブが掲載されております。
ぜひご覧くださいー。



  


Posted by sometac_staff  at 15:28Comments(0)BO/MTO

2017年01月13日

SOMETAC 2017 NEWS

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

2017年一発目はまずBO MANUFACTURE社 MTOライフルに関するものです!

発売日や仕様に関して様々な質問を頂いておりますが、現時点でメーカー側から聞いている確実な情報のみ書かせて頂きます。

まず、発売時期は現在のところ未定です。
発売が延期しているのは「AR/VR機能の開発に時間をかけている」という理由によります。

MTOはただ6mmのBB弾を打つだけのトイガンではなく、まったく新しいシステムを搭載したエンタテインメントプラットフォームとして開発されています。
お座敷シュターの方々やサバゲーマーの方々に向けて、これまでのトイガンを使った遊びを超える斬新な体験ができるよう追加機能を組み込んでいます。
そのため専門の会社と組んで開発することになり、現在多くの時間を費やしています。

具体的に言うと、AR/VR機能を構築するにあたって、
MAGNETO RESEARCH(MTOシステムを開発している会社)およびBO MANUFACTURE(エアガンメーカー、CEOは同じ方)は
大手のACERやVR開発会社のSTARBREEZEと提携してこのシステムの開発を進めています。



先日のラスベガスCESショーにて業者向けの発表があり、近日中に正式な一般公開情報があると予測されます。
弊社としてもより踏み込んだMTOに関する情報が発表されることを期待しております。

サバゲーマーの方々からすると「追加機能はいいからトイガン機能だけで早く欲しい!」という方もいらっしゃるとは思います。
しかし、VR元年と言われた昨年から勢いを増すVR市場にエアガン業界も本格参入でき、MTO以降様々な方向に可能性が広がることを考えると、ここでしっかりと時間をかけて完成度の高いVR/AR機能を制作することが重要であると個人的には思っています。


また発射機能に関して、映像自体はまだ公開されていませんが、CEOのEric Gautier氏から機構としては問題なく作動しているという情報をもらっています。



話題性もあったため日本ではMTOライフルをBO MANUFACTURE社の最初の商品として紹介しておりますが、BO MANUFACTURE社では並行して他のカテゴリーのトイガンも制作しています。

ラインナップの1つである「BO DYNAMICS」のスタンダード電動ガンや
2017年内に発売予定のFABARM STF12のガスショットガンは日本でもリリース予定です。ご期待ください!










  


Posted by sometac_staff  at 10:08Comments(0)BO/MTO

2016年12月16日

BO Manufacture タクティカルグローブ 発売!+ NEWS

お待たせいたしました!
待望のBO Manufactureのタクティカルグローブが12月17日(土)に発売になります!!

日本各地の小売店様にて販売されますが、
もし行きつけのお店にないときは入荷リクエストしてみてくださいー。
早い者勝ちですが年内ならまだ在庫間に合うはず。

Bo Manufacture + Mechanix wear グローブシリーズの特徴は
『サバイバルゲームに本当に必要な機能のみを追求したどり着いた
究極の”サバゲー特化型タクティカルグローブ』。




着け心地を体感するには土曜にお店にダッシュして試着するのが一番ですが、
いや土曜は仕事が…またはサバゲーが…
とお嘆きの方は下記の
LA GUNSHOPさんの詳細レポートを参考にしてみてください。
http://lagunshopsakai.militaryblog.jp/e809818.html



冬本番になってきた今、
プライベートでも活躍間違いなしの高機能オシャレタクティカルグローブ、
BO Manufactureの日本初上陸商品としても注目大です!!

製品情報はこちら↓
http://www.some-tac.com/mto-mechanix-wear


BO ManufactureのMTOライフルに関しては、2017年1月にメーカーより新情報が公開される予定です。
長らくお待たせしている分、気合の入った新情報が欲しいところです!もうしばらくお待ちを!!

  


Posted by sometac_staff  at 11:47Comments(0)BO/MTO

2016年11月25日

BO Manufacture タクティカルグローブ 試着チャンス到来!

いきなり寒くなりましたね、、もはや手袋なしでの外出がつらくなってきた、、というこの頃。
来月発売予定のBO Manufacture タクティカルグローブが
第7回ユニオンフェスティバル(11月26日 土曜日のみ)で試着できますよー!!
*日曜日は出展しておりませんのでご注意ください。

サンプルなのでサイズが限定されますが、ユニオンフェスティバルにお越しの方は是非是非some-tacブースにてお気軽に試してみてください!



他にもSRU製品やTACTICAL MENパッチを販売予定です!

  


Posted by sometac_staff  at 14:36Comments(0)BO/MTO

2016年11月02日

BO Manufacture タクティカルグローブ受注開始!





BO Manufactureがサバイバルゲームに本当に必要な機能のみを追求した
究極の”サバゲー特化型タクティカルグローブ”、
Mechanix wear社とコラボで実現した最高の使い心地。




どう言い表せばこのよさがが伝わるのか、、四苦八苦しいたところ
詳細をLA GUNSHOPさんがレポートしてくださいました!
http://lagunshopsakai.militaryblog.jp/e809818.html


いつもながら恐ろしく分かりやすい説明、、、
これを見て試着してみたい!!と思った方はぜひお店に行ってみてくださいー。
手にはめてすぐわかるこの違い、ゲームで使用することでさらに「違い」が実感できるはず。

予約は各小売店様で開始していますが、
発売は12月中頃を予定していますのでもうしばらくお待ちを!




商品情報 : http://www.some-tac.com/mto-mechanix-wear  


Posted by sometac_staff  at 17:45Comments(0)BO/MTO

2016年10月31日

BO Manufacture社商品の取り扱い希望、および購入に関して

MTOをはじめとしたBO Manufacture社の商品は有限会社米藤(Something Tactical)が国内総代理店となります。
取引希望の店舗・問屋様は必ずセールス担当であるTake Onにご相談ください。
【Take On 連絡先 :  takeoneverybody@gmail.com 】

また購入希望のエンドユーザー様は必ず正規ルートで仕入れた正規取り扱い店舗様にてご購入下さい(*正規取り扱い店舗は発売前にHPにて掲載いたします)。

弊社を通して販売するMTO Phantomはすべて日本の規制に合わせてチューニングされた日本市場専用商品となります。
このチューニング済商品は日本以外の国には流通しません。
もし、他国向けにチューニングされた商品を輸入された場合は、日本の規制に違反する可能性が高く、業界全体に不利益を被る結果となりますので絶対におやめください。

また、MTO Phantomは非常に緻密な内部構造をしており、
自社工場以外で回路のチューニングを変更しようとすると作動しなくなる仕組みになります。
並行輸入で入手された商品に関して、弊社は一切責任を持ちませんので、故障の際の修理等も一切受けかねます。

正規店にてご購入いただいた製品に関しては、末永く使用していただけるよう、
取扱い店舗様、セールス担当、および弊社が一丸となってアフターケアにしっかりと対応して参ります。

現在MTO Phantom発売に向けて着々と準備を進めております。
情報解禁まで今しばらくお待ちください。
  


Posted by sometac_staff  at 17:35Comments(0)BO/MTO